【スタッフのひとりごと】オーブンレンジの危険行為2

こんにちは。栗坂です。

今回は前回のオーブンレンジの危険行為に続き

ほかにも気を付けるべきことについて発表します!

 

① オーブンレンジで加熱してはいけない食品を加熱する

オーブンレンジで加熱調理してはいけない食材を入れて調理していると、破裂や爆発、発火といった現象を引き起こし、オーブンレンジが壊れるだけでなく、火事につながる恐れもあるため、非常に危険です。特にレンジ機能を使用する際は、以下の食材に注意が必要です。

卵  硬い殻がついた食材(栗など) トマトや明太子などの薄い膜が張っているもの

水分の少ない芋類  飲み物

このような食品は、破裂や沸騰による吹きこぼれ、さらに発火現象を引き起こす恐れがあるため、レンジ機能では加熱しないように注意しましょう。

オーブンレンジによっては、飲み物は「飲み物メニュー」などが搭載されていることもあるため、この場合は飲み物メニューを選択することで、飲み物の温めに適した温度と時間で温めてくれます。

 

② 庫内が汚れた状態のまま使い続ける

オーブンレンジで食品を調理する際、油や食品の汚れなどが庫内に付着することはよくあります。基本的に、オーブンレンジは頻繁に拭き掃除することで、清潔な状態を保っておく必要がありますが、汚れを放置したまま使い続けていると、オーブンレンジが故障する原因となります。庫内が汚れたまま使用していると、こびりついた汚れから発火する恐れもあるので、オーブンレンジの故障や火事につながるリスクが高まります。

また、汚れがついたまま使用することで、オーブンレンジが多くの電力を使用することになり、オーブンレンジ自体に負荷をかける行為でもあります。

オーブンレンジは頻繁に庫内を掃除するようにし、なるべく清潔な状態を常に保つように心がけましょう。

 

 

LINEやってます!

↓友達追加よろしくお願いします↓

友だち追加

★すがの電器★
ホームページ:https://www.sugano-denki.com/