【スタッフのひとりごと】オーブンレンジの危険行為1

こんにちは。栗坂です。

先日、実家のオーブンレンジのヒーターの修理をしました。というのも、弟が卵をそのままレンジで温めて破裂してしまったのです。

そこで今回はレンジ使用の際の危険行為を発表します!

 

 

①アルミホイルや金属製の食器を温める

 

オーブンレンジの場合、基本的にオーブン機能と電子レンジ機能の両方が使えます。

食品を温める際、多くの方が電子レンジ機能を活用していると思いますが、レンジ機能を使うときにアルミホイルや金属製食器を入れて温めてしまうと、庫内で発火現象を引き起こす恐れがあります。

レンジ機能は、マイクロ波と呼ばれる電磁波によって食品を加熱します。

しかし、この電磁波がアルミや金属に当たることで、電流が発生してしまうのです。

すると、電流が行き先を失ってしまい、そのまま庫内で放電し、発火現象につながります。庫内で発火してしまうと、オーブンレンジに負担をかけるため、故障につながりやすくなります。

また、オーブンレンジの故障だけでなく、火事の原因にもなりやすいので気をつけましょう。ちなみに、レンジ機能ではなくオーブン機能を使う場合は、アルミホイル調理が可能です。

        

       

 ②少量の食品を加熱する

 

意外と多くの人がやりがちなNG行為に、少量の食品を自動加熱する行為があります。

自動加熱とは、ターンテーブルなどに乗せた食品の重量を計算し、その食品に合った温度と時間で

自動加熱する機能です。とても便利な機能ですが、少量の食品を自動加熱してしまうと、オーブンレンジがうまく計算できず「何も乗っていないのかも」と誤作動を引き起こすことがあります。

一応温めは開始してくれるものの、空焚き状態となっていることがあり、空焚きはオーブンレンジに負荷をかける行為なので、故障原因になり得ます。

少量の食品を温める場合は、自動機能ではなく、手動で温度や時間を設定して温めを開始するようにしましょう。また、この時、必要以上に加熱しないよう近くで見守るようにしてください。

 

ほかにも気を付けるポイントがあるので次回紹介します!

 

LINEやってます!

↓友達追加よろしくお願いします↓

友だち追加

★すがの電器★
ホームページ:https://www.sugano-denki.com/