【スタッフのひとりごと】違う種類の電池を混ぜて使ってはいけない理由

こんにちは。生田です。

リモコンや小型家電など、電池って使う場面が多いですよね。

ですが、いざ電池を変えようと思った時、買い置きがあまりなくて違う種類の電池を使ったことはありませんか?

他にも、新しい電池と使ったかどうか分からない電池を混ぜて使ったことはないですか?

 

実はこのような使い方は電池の液漏れの原因になる可能性があります。

今回はその理由についてお伝えします!

 

電池は一般的に2本以上を同時に使用した場合、電池容量は同じように消費します。

その時、「新品の乾電池と使用途中の乾電池」や「違う種類の乾電池」を同時に使用すると、容量の少ない電池は先に電池容量が無くなります。

そのまま、他の容量の残っている電池の容量で放電し続けると、容量の少ない放電した電池は過放電状態で電流が流れ、電池内部に大きなダメージを受け、液漏れの原因なります。

 

 

このため、電池交換はすべて新品で同じ種類のものがおすすめです!

気になった方は使われている電池の種類を確認してみてください。

 

LINEやってます!

↓友達追加よろしくお願いします↓

友だち追加

★すがの電器★
ホームページ:https://www.sugano-denki.com/