【スタッフのひとりごと】設備商品の寿命

 | 

こんにちは。菅野です。

 

給湯器やトイレ(温水洗浄便座)の耐久年数について一昔前と現在ではかなり変わってきています。

30年くらい前は部品さえあれば15年20年経過の商品でも修理して使うことが出来ていました。

しかし、現在では安全上のことを考えてメーカーが設計上の標準使用期間を設定しています。

その期間が「10年」です。

給湯器やトイレなどの設備商品は高額なため 少しでも長く使いたいというお客様の思いはすごくわかります。

ただ 水回り商品は経年劣化により水漏れや火災、不完全燃焼などが起こる可能性が高くなるので、10年以上使用されている場合は取替をおすすめします。

 

以下の症状がどれか一つでも当てはまれば経年劣化のサインです。

  • 【エラー】 リモコンに時々、エラー 表示が出る
  • 【 音 】 運転中、普段、感じたことのない異音がする
  • 】 使用中、お湯の温度が熱くなったり、ぬるくなったりすることがある
  • 】 時々、お湯にならないことがある
  • 】 水漏れしている
  • 】 ボタンを押しても動作しない
  • 】 給湯機器の外装下部がひどく錆びている
  • 】 油もれをしている
  • 】 給湯機器の排気口の周りが黒くなっている

 

LINEやってます!

↓友達追加よろしくお願いします↓

友だち追加

★すがの電器★
ホームページ:https://www.sugano-denki.com/