家電の火事

こんにちは。生田です。

 

冬になり乾燥すると家事の事件が多くなりますね。

今回は家電に関わる火事の事例について紹介します。

 

実際にあった事例で、でジャーポットのコードを束ねていてそこから火花がでたという事例があります。

これはジャーポットのような電気をたくさん使う家電のコードを束ねて長時間使うことでコードが高温になるためです。

コードが高温になると発火の危険があります。

 

 

特にコードが部分的に断線していた場合は、非常に高温となりゴム皮膜が損傷し、ショートして発火するおそれもあります。

※ジャーポットの他にもたくさん電気を使う家電にはアイロン、オイルヒーター、電気ストーブんどがあります。

 

コードを束ねたまま使用するとコードの損傷にもつながりやすくなります。電気器具の容量にかかわらず、コードは伸ばして使いましょう。

LINEやってます!

↓友達追加よろしくお願いします↓

友だち追加

★すがの電器★
ホームページ:https://www.sugano-denki.com/