【スタッフのひとりごと】アイロンの危険な使い方

 | 

こんにちは。すがの電器の森淵です。

 

今回はアイロンの危険な使い方についてご紹介したいと思います。

やってしまいがちな例をいくつか挙げてみました。

  • 電源を入れたまま放置する

火災の原因になります。アイロンが転倒した場合、周囲に燃えやすいものがあると発火する恐れがあります。

 

  • 故障したアイロンを使い続ける

安全機能が故障している可能性があります。自動電源オフ機能があっても電源が切れず、かけ面が高温になり続けます。異臭がしたら使用はやめましょう。

 

  • コードを傷める

アイロン本体に巻き付ける、ねじる、引っ張るといったことをすると、断線し発火の原因になります。

 

  • たこ足配線で使う

電子レンジやドライヤー、アイロンなどは定格電力が高く、これらを同時に使うと延長コードの定格電力を超過し、発熱や発火の原因になります。

 

 

LINEやってます!

↓友達追加よろしくお願いします↓

友だち追加

★すがの電器★
ホームページ:https://www.sugano-denki.com/